2018年度 バフェット率いるバークシャー・ハサウェイ 株主への手紙 和訳全訳まとめ⑩

バフェットからの手紙

原文10ページの前半より。借金ルーレットに例えていて面白いです。

新たな資金を得る方法

In most cases, the funding of a business comes from two sources – debt and equity. At Berkshire, we have two additional arrows in the quiver to talk about, but let’s first address the conventional components.

ほとんどのケースにおいて、新たな資金を得る方法は、借金で得る方法と保有資産から得る方法があります。バークシャー社は、更に別の2つの方法を保有していますが、まずは一般的な2つの方法から見ていきましょう。

一般的な資産獲得方法1:借金(レバレッジ)

We use debt sparingly. Many managers, it should be noted, will disagree with this policy, arguing that significant debt juices the returns for equity owners. And these more venturesome CEOs will be right most of the time.

私たちは、借金(レバレッジ)をほとんど使いません。注目に値することなのですが、多くの経営者はこの方針に反対し、保有資産を基に借金を多用することで、更に沢山の利益を生み出すことが出来ると主張します。このような向こう見ずな経営者が言っていることは、ほとんどの場合正しいです。

At rare and unpredictable intervals, however, credit vanishes and debt becomes financially fatal. A Russian- roulette equation – usually win, occasionally die – may make financial sense for someone who gets a piece of a company’s upside but does not share in its downside. But that strategy would be madness for Berkshire. Rational people don’t risk what they have and need for what they don’t have and don’t need.

しかし、ごく稀に突然信用が崩壊して、その借金により経済的に致命的な状態になりなることがあります。

「ほとんどの場合勝つが、ごく稀に負ける」ロシアンルーレットでは、「勝てば少し利益が増えるが、負けると全てを失う」ことになります。

そのようなルーレットにかけることはバークシャー社にとっては狂気じみたものに感じます。理性的な人は、必ずしも必要でないものを得る為に、必ず必要とするものをリスクにさらしたりしません。

Most of the debt you see on our consolidated balance sheet – see page K-65 – resides at our railroad and energy subsidiaries, both of them asset-heavy companies. During recessions, the cash generation of these businesses remains bountiful. The debt they use is both appropriate for their operations and not guaranteed by Berkshire.

K65ページにある我々の連結バランスシートにある借金は、ほぼ我々の鉄道事業とエネルギー事業にあるものです。2社とも資金を沢山必要とする事業です。

景気後退の間でもこの2社の現金創出力は十分でした。この2社が使う借金は2社の事業にとって好ましいものであり、バークシャーの保証を必要としていません。

まとめ

私自身、レバレッジで資産を溶かす優秀な人を沢山見てきました。

Lショックの時に沢山株を買い込んだことを考えると、バフェットの借金を極力使わない姿勢は評価できると思います。

バランスシートの借金も、不景気でも強い企業の良い借金ということで安心できますね( ´ ᵕ ` *)

コメント

いつもコメント、ありがとうございます☆

頂いた貴重なコメントは、一言一句読ませて頂きます。

コメントする際のお願い(⁎ᵕᴗᵕ⁎)

<NGコメント>

・誹謗中傷、礼を欠いたもの

・匿名 etc.

タイトルとURLをコピーしました