2018年度 バフェット率いるバークシャー・ハサウェイ 株主への手紙 和訳全訳 まとめ①

バフェットからの手紙

バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェットが、2/23(土)に2018年度の「バフェットからの手紙」を公開しました。

まず、後半部分は素晴らしい訳出をして下さっているページがあったのでご紹介します↓

節約発投資行き
チャーリー・マンガーやウォーレン・バフェットなどの翻訳、バリュー投資、集中投資、節約・倹約などの話題

前半を全訳したので載せていきます。

GAAPの内訳


To the Shareholders of Berkshire Hathaway Inc.:

Berkshire earned $4.0 billion in 2018 utilizing generally accepted accounting principles (commonly called “GAAP”). The components of that figure are $24.8 billion in operating earnings, a $3.0 billion non-cash loss from an impairment of intangible assets (arising almost entirely from our equity interest in Kraft Heinz), $2.8 billion in realized capital gains from the sale of investment securities and a $20.6 billion loss from a reduction in the amount of unrealized capital gains that existed in our investment holdings.

バークシャー社の株主へ

バークシャーは広く受け入れられた会計基準(一般にGAAPと言われるもの)で2018年度は4.0B $の利益を出しました。数字の内訳は、24.8B$の事業利益、3.0B $の無形資産の減損による評価損(ほとんどクラフトハインツによるもの)、2.8B $の株式売却益、20.6B $の保有株式の株価の下落による含み益の減少です。

「含み益損」を利益に含めることについて

A new GAAP rule requires us to include that last item in earnings. As I emphasized in the 2017 annual report, neither Berkshire’s Vice Chairman, Charlie Munger, nor I believe that rule to be sensible. Rather, both of us have consistently thought that at Berkshire this mark-to-market change would produce what I described as “wild and capricious swings in our bottom line.”

新しいGAAP会計基準のルールでは最後項目の「含み益損」を利益に含めることを必要としています。私が2017年の年次報告書で強調したように、私もチャーリーマンガーもこのルールが合理的だと思っていません。むしろ、株価の変化が「バークシャーの決算数字のきまぐれな乱高下」と私が表現するものを産み出すだろうと常に思っていました。

The accuracy of that prediction can be suggested by our quarterly results during 2018. In the first and fourth quarters, we reported GAAP losses of $1.1 billion and $25.4 billion respectively. In the second and third quarters, we reported profits of $12 billion and $18.5 billion. In complete contrast to these gyrations, the many businesses that Berkshire owns delivered consistent and satisfactory operating earnings in all quarters. For the year, those earnings exceeded their 2016 high of $17.6 billion by 41%.

その予想の正しさは、2018年度の四半期決算で表れました。第1四半期と第4四半期では、私たちはそれぞれ1.1B$と25.4B$の損失を報告しました。第2四半期と第3四半期では、それぞれ12B$と18.5B$の利益を報告しました。この乱高下とは正反対に、バークシャーが保有する多くの事業では全ての四半期において絶え間なく大きな事業利益を出すことができました。2018年度においては、これらの事業利益は2016年度の事業利益である17.6B$を41%上回りました。

Wide swings in our quarterly GAAP earnings will inevitably continue. That’s because our huge equity portfolio – valued at nearly $173 billion at the end of 2018 – will often experience one-day price fluctuations of $2 billion or more, all of which the new rule says must be dropped immediately to our bottom line. Indeed, in the fourth quarter, a period of high volatility in stock prices, we experienced several days with a “profit” or “loss” of more than $4 billion.

四半期決算における利益・損失の乱高下はこれからも間違いなく続きます。我々の2018年度末でおよそ173B$の価値を持つ巨大な株式ポートフォリオが、1日で2B$やそれ以上株価が動くことが良くあり、新しい会計基準においては、そうした変化は全て直ちに決算に入れないとならないからです。もちろん、第4四半期は株価のボラティリティが高い時期だった為、私たちは4B$以上の利益の日と損失の日を何度も経験しました。

投資家へのアドバイス

Our advice? Focus on operating earnings, paying little attention to gains or losses of any variety. My saying that in no way diminishes the importance of our investments to Berkshire. Over time, Charlie and I expect them to deliver substantial gains, albeit with highly irregular timing.

私たちのアドバイスは何かって?事業利益に着目して決算の利益や損失はほとんど無視しなさい。バークシャーへの投資の価値がなくなってきているという意味では全くありません。大変な時期もあるかもしれませんが、時間が経つにつれ、バークシャーは株主に莫大な利益をもたらすとチャーリーも私も予想しています。

会計基準が正しくないのなら、営業利益を気にせずバークシャー買いだね! 「2兆円の赤字」のタイトルに惑わされないように(*^◯^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました