2018年度 バフェット率いるバークシャー・ハサウェイ 株主への手紙 和訳 全訳 まとめ13

バフェットからの手紙

原文11ページ前半より。

バークシャー傘下最大の子会社、ガイコ保険の歴史です。

GEICO and Tony Nicely

That title says it all: The company and the man are inseparable.

ガイコ保険とトニーナイスリー

タイトルが全てを物語っている。ガイコとトニーは切り離すことが出来ない。

Tony joined GEICO in 1961 at the age of 18; I met him in the mid-1970s. At that time, GEICO, after a four- decade record of both rapid growth and outstanding underwriting results, suddenly found itself near bankruptcy. A recently-installed management had grossly underestimated GEICO’s loss costs and consequently underpriced its product. It would take many months until those loss-generating policies on GEICO’s books – there were no less than 2.3 million of them – would expire and could then be repriced. The company’s net worth in the meantime was rapidly approaching zero.

1961年にトニーナイスリーは18歳でガイコ保険に入社しました。私は1970年代中頃に彼に会いました。ガイコは40年もの急成長と沢山の保険契約を獲得してきましたが、その時、破産寸前であることが突然明らかになりました。最近雇った経営陣がガイコの損失コストを大幅に過小に見積もり、結果、保険商品を安値で売ってしまったからです。

この「少なくとも230万件以上の損失を生む契約」の期限が切れ、再値付けが出来る時までには何ヶ月もかかります。そうしている内に、ガイコの純資産は、急速にゼロに近づいて行きました。

In 1976, Jack Byrne was brought in as CEO to rescue GEICO. Soon after his arrival, I met him, concluded that he was the perfect man for the job, and began to aggressively buy GEICO shares. Within a few months, Berkshire bought about 1⁄3 of the company, a portion that later grew to roughly 1⁄2 without our spending a dime. That stunning accretion occurred because GEICO, after recovering its health, consistently repurchased its shares. All told, this half- interest in GEICO cost Berkshire $47 million, about what you might pay today for a trophy apartment in New York.

1976年、ガイコを救う為に、ジャックバーンがCEOとして招かれました。彼かCEOに就くなり、私はすぐに彼に会いに行きました。私は、彼が適任の人材だと確信し、ガイコの株を貪欲に買い始めました。数ヶ月以内に、バークシャーはガイコの1/3を買い、後に株式を買い増すことなくおよそ1/2にまで増えました。そのような素晴らしい増加は、ガイコが事業を立て直した後、自社株買いをし続けた為です。

バークシャーがガイコ保険の半分を購入するのに費やした金額は合計で47M$です。今日のニューヨークでトロフィーアパートを買えるくらいの金額です。(アパートほどのすごく安い金額で現在全米2位の自動車保険会社を購入できた)

Let’s now fast-forward 17 years to 1993, when Tony Nicely was promoted to CEO. At that point, GEICO’s reputation and profitability had been restored – but not its growth. Indeed, at yearend 1992 the company had only 1.9 million auto policies on its books, far less than its pre-crisis high. In sales volume among U.S. auto insurers, GEICO then ranked an undistinguished seventh.

では17年先の1993年を見てみましょう。1993年はトニーナイスリーがCEOに選出された年です。その時点で、ガイコの名声と収益性は元に戻っていましが、成長性はまだ元に戻っていませんでした。

実際、1992年末には過去最高に遠く及ばない、たったの190万件の自動車保険契約しか取れませんでした。米国の自動車保険会社の売上ランキングで、ガイコは7位になってしまいました。

Late in 1995, after Tony had re-energized GEICO, Berkshire made an offer to buy the remaining 50% of the company for $2.3 billion, about 50 times what we had paid for the first half (and people say I never pay up!). Our offer was successful and brought Berkshire a wonderful, but underdeveloped, company and an equally wonderful CEO, who would move GEICO forward beyond my dreams.

トニーがガイコを再生させた1995年の終わりに、バークシャーは最初にガイコを半分買った値段の50倍である2.3B$でガイコの残りの半分を買いたいと申し入れました。(多くの人々はそんな金額絶対に払わないだろう!と言っていました。)

申し入れは受け入れられ、バークシャーは「素晴らしいが発展途上の会社」と、私の夢を超えてガイコを前進させられる素晴らしいCEOを手に入れることが出来ました。

GEICO is now America’s Number Two auto insurer, with sales 1,200% greater than it recorded in 1995. Underwriting profits have totaled $15.5 billion (pre-tax) since our purchase, and float available for investment has grown from $2.5 billion to $22.1 billion.

ガイコは、現在アメリカで2番目の自動車保険事業者です。今や1995年に記録した売り上げの12倍の売り上げがあります。我々が購入後の保険契約の税引き前利益は15.5B$になり、投資に使えるフロートの金額は、その間に2.5B$から22.1B$まで増えました。

By my estimate, Tony’s management of GEICO has increased Berkshire’s intrinsic value by more than $50 billion. On top of that, he is a model for everything a manager should be, helping his 40,000 associates to identify and polish abilities they didn’t realize they possessed.

私の見積もりでは、トニーの素晴らしいガイコ経営により、バークシャーの本質的価値は5兆円以上増加したと思います。その上、彼は全ての経営陣の鏡であり、40000人の従業員が、自分では気付けない自分の才能を見出し、高められるように手助けをしました。

Last year, Tony decided to retire as CEO, and on June 30th he turned that position over to Bill Roberts, his long-time partner. I’ve known and watched Bill operate for several decades, and once again Tony made the right move. Tony remains Chairman and will be helpful to GEICO for the rest of his life. He’s incapable of doing less.

昨年、トニーはCEOを辞めることを決断し、6月30日にCEOの役割をトニーの長年のパートナーであるビル・ロバーツに渡しました。私はビルの運営を何年も見て観察してきましたが、またもトニーは正しい動きをしてくれました。(※素晴らしい人にCEOの役割を渡した)

トニーは会長職に残り、彼は残りの人生においてもガイコの為に協力してくれます。彼は何もせずにはいられないのです。

All Berkshire shareholders owe Tony their thanks. head the list.

バークシャーの株主は皆、トニーに感謝すべきです。

私は株主の代表として感謝します。

まとめ

  • 馬鹿な経営陣が商品を安く売ると、いきなり破産もあり得る。
  • 立ち直せる魅力的なCEOがいることを理由に買いを決め、大きな利益を得た。
  • 従業員の才能の発揮をしっかり考えられるCEOでありたい。

最初にガイコの1/3を買う際に、全部買えなかったのが凄く悔しいでしょうね

コメント

いつもコメント、ありがとうございます☆

頂いた貴重なコメントは、一言一句読ませて頂きます。

コメントする際のお願い(⁎ᵕᴗᵕ⁎)

<NGコメント>

・誹謗中傷、礼を欠いたもの

・匿名 etc.

タイトルとURLをコピーしました