ダナハー株(DHR)ってどんな会社?今も株価が年率20%で増え続ける改良版バークシャー

ダナハー・フォーティブ株(DHR・FTV)

水色=ダナハー株:過去39年で約2400倍(配当込み)

ピンク=バークシャー株:過去39年で約1165倍

黄色=SP500(配当再投資込み米平均株):過去39年で約145倍

※ダナハーには、株価上昇に加え配当(年利0.6%程度)もあります。

ダナハー株はバークシャー株を上回る投資利回りを継続してきた

改良版バークシャーのような、ダナハー(DHR)っていう企業を知っていますか?

過去約40年に渡り、※年率平均約20~30%で株価が増え続け、ここ最近も年率20%程度を維持しています。

※将来も続くとは保証されていません。

ダナハー株価の対数(log)グラフ

過去40年間、大きな下落や停滞がなく、一貫して増え続けています。

ITショックやリーマンショックの際も、わずか1年半で株価が復活。

ダナハーの簿価(企業内の資産価値)・収益に至っては、対前年比で、無傷どころか増加してた程でした。

ダナハーが買収した事業。傘下の主な企業。

親会社ダナハーが様々な事業を保有する形の為、

バークシャーと同様、実質的には優良な投資信託のようになっており、更に、「ダナハー本社には小さい部屋に机が置いてあるだけ」という質素さも投資先として好感が持てます。

※2016年にダナハーからフォーティブ株がスピンオフ(分離)しました↓

ダナハーの創業者の資産の約95%以上がDHR/FTV株

ダナハー株からスピンオフ(分離)したフォーティブ株(FTV)を含めると、

ダナハー創業者のミッチェル・レイルズ氏やスティーブン・レイルズ氏は、約1兆円の資産の95%以上をDHR/FTV株で保有しています。

この二人と資産の増減を一致させることが出来るのは、非常に大きな安心材料です。

バークシャー株とダナハー株の構造の違い

ダナハーは全て企業を100%保有する

バークシャーは、事業の100%保有が資産の約7割、株式が約3割です。

このように、バークシャーは2通りの投資方法を使っていますが、

「ダナハーは事業を100%保有」のみを扱っています。

バフェットも、

Buffett
Buffett

良い投資先を見つけることが出来れば、100%保有する方が望ましい

と述べていた為、より好ましい投資方法と言えます。

ダナハーは、分析や検査、歯科や化学などの分野に特化している

ダナハーは、

「医療診断機器・水質検査・試薬・歯科医療機器・分析機器など幅広い産業向けの機器・ソリューションを提供する企業グループ」

と言われていますが、これらの企業を100%保有する投資会社の体を為しています。

買収するだけでなく、カイゼン(DBS)する

ダナハー傘下の既存の会社と合併させることで無駄を大幅に解消する方法カイゼン・DBSと呼ばれている)を使っています。

具体的には、

  • 買収した事業を既存のDHR傘下の事業と統合し、
  • 重複する部門のリストラ等で業務の無駄を省き、
  • 1+1=3にするようなM&Aを繰り返す

ことで、非常に高い利回りを達成して来ました。

ただ、買収された会社の従業員が、「DHRに買収されたら、雰囲気が大きく変わって、まじめ一色の会社になった」と書き込んでいたりしている点は注意が必要です。

ダナハーの優秀な経営者ラリー・カルプ氏(Larry Culp)とトーマス・ジョイス(Thomas P. Joyce Jr.)

創業者の2人は現在経営にはあまり関わっていないものの、優秀な経営者を雇っています。

旧CEOラリー・カルプ氏(Larry Culp)

現CEO、トーマス・ジョイス氏(Thomas P. Joyce Jr.)

ラリー・カルプ氏は2016年の春にダナハーCEOを辞職した後、現在は沢山の難題を抱えるGEの取締役→CEOに就任しています。

元CEOカルプ氏のお陰でDHRの株価が30%上昇

2019年の初め頃、カルプ氏は

GEが保有していたバイオ医薬事業を2.3兆円でダナハーに売却しました。

GEの財政を健全にすると同時に、

この事業には健全な財政基盤があるダナハーにとっては4.5兆円ほどの価値があり、ダナハー元CEOカルプ氏のお陰で、ダナハーの株価は即30%(約2.2兆円分)上昇しました。

ピッフィーの資産の約20%がダナハー株(DHR)の為、ピッフィーも多大な恩恵を受けることが出来ました。

まとめ

バークシャーは50兆円規模になり、大きな資産の投資先が見つけられない為に年率20%を出せないと言われていますが、

ダナハーはまだ10兆円規模の会社です。

ピッフィー
ピッフィー

ダナハーは、長期ではバークシャーを大幅に上回る可能性が高そうです。

ペコリ☆

୨୧ピッフィーの株式投資Diary୨୧

コメント

タイトルとURLをコピーしました