(一般)NISAと積立NISAはどちらを選ぶ?外国株も手数料ゼロで買おう!!

投資の基礎・基本一覧❀(初級)
金融庁から引用

初心者が安心して投資を始められるように「投資のきほん」投資の基本一覧を載せてます。

アイキャッチは金融庁のこちらのページから引用しています。

NISAと積立NISAはどちら?

ピッフィー
ピッフィー

どちらにするか迷われている方も多いんじゃないでしょうか。

ピッフィーのオススメは、

  • 2023年までは一般NISA口座、
  • 一般NISAがなくなる2024年からは積立NISAです。

2023年まで一般NISAを勧める理由は、

積立NISAは投資信託の選択肢しかなく、

SP500を上回るソフトバンクG株を買えないからです。

節税のメリットより、価値あるものを買う方が良い。

あくまで主観ですが、2019年4月時点で、

という状況ですので、

ピッフィー
ピッフィー

節税のメリット(20%)以上に大きいです!

2つ目の理由として、

積立NISAの40万では、「年間40万でいいや」と自身で限界を作ってしまいかねません。

3つ目に、

NISA口座を使わなくても、一部売却では税金が大幅に安くするなる(大抵税率5%くらい)為、積立NISAの節税メリットも打ち消されます。(後日記事にします。)

【米国株向け】マネックス証券の一般NISAでは、株式購入手数料が無料。

外国株を扱うネット証券のうち、

ピッフィー
ピッフィー

マネックスのみNISAでの米国株購入手数料がゼロ

になります。

※日本株では、どこのネット証券会社でも売買手数料が無料のことが多いです。

マネックス証券を使うことで節約できる金額は25万円。

毎月10万円の株を購入に必要な手数用=500円、

500×12ヶ月×5年(2023年まで)=3万円の節約ができ、

これを20年運用すれば、25万円得することになります

一般NISAの120万上限まで使える人限定にはなりますが、

この隠れたメリットは節税のメリットと同等に物凄く大きいです!

※NISAで購入した株は、5年後、何もしなければ特定口座に移されます。

まとめ

ピッフィー
ピッフィー

2023年までは一般NISA口座、2024年からは積立NISAがオススメです(*^▽^*)

ペコリ☆

※一般NISAが延長される話もあるそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました