ウィーワーク株は、宝くじを買った気持ちで保有しよう。WEのニューマン元CEOが経営権を手放してくれない!

SVF-不動産

新しい働き方でつながるコミュニティ。We workへのお申し込みは、こちらから

ピッフィー
ピッフィー

SBG全体としては全然問題ないけど、正直ウィーワークは頭が痛い。。

パッピィー
パッピィー

将来、化ける可能性もあると思うけどね。。

Wework株 日経新聞の記事

【ニューヨーク=大島有美子】米ブルームバーグ通信などは18日、シェアオフィス大手「ウィーワーク」を展開する米のウィーカンパニーの経営支援を模索しているソフトバンクグループ(SBG)が、ウィーカンパニーの企業価値を80億ドル(約8700億円)以下と見積もっていると報じた。SBGが直近で出資した1月時点の想定額を8割下回ることになる。
SBGは1月時点でウィーカンパニーの企業価値を470億ドルと見積もっていた。新規株式公開(IPO)を目指すにあたり投資家から企業統治姿勢などに厳しい目が向けられ、企業価値は9月以降に200億ドル以下に目減りした。今回さらに減少する見通しとなった。ウィーカンパニーの広報担当は「コメントを控える」としている。
ウィーカンパニーに累計で100億ドル超を出資した大株主のSBGは、追加出資を軸とした総額50億ドルの支援をSBG本体で実施する構えだ。ウィーカンパニーに対する保有比率を高め、経営を立て直そうとしている。一方で米大手銀のJPモルガン・チェースも50億ドル規模の社債発行の支援策などを提案している。ブルームバーグによると、週末にもウィーカンパニーの経営陣が判断するとしている。
英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は関係者の話として、ウィーカンパニーがSBGによる追加出資と、JPモルガンによる社債発行の両者の支援策を組み合わせて受け入れる可能性もあるとしている。
さらに企業価値の低下を受け、9月に最高経営責任者(CEO)を退いたニューマン氏が、融資を受けている米銀からマージンコール(追加担保の差し入れ請求)を受ける恐れがあるとした。ニューマン氏は保有しているウィーカンパニー株を主な担保として銀行から融資を受けている。同社の企業価値の低下で担保の評価額が下がるため、保有する物件の売却などを迫られる可能性があるとしている。

日経新聞:WeWorkの企業価値、1月比8割減8700億円に 海外報道 

ウィーワークにはゴキブリが多そう。

ピッフィー
ピッフィー

1年弱前に5兆円以上で評価したものが8700億円。。

普段なら、株価の下落は嬉しくらいなのですが、あくまでゴキブリが多くなければです。

ウィーワーク は、ほぼ間違いなくゴキブリだらけの案件だと思ってます。

先日も、ホルムアルデヒドっていう有害物質が電話ブースから発見されたとの報道。

「電話ブースを設置した企業の責任だ」とウィーワークは主張していて、

実際に100%、設置した企業の方の問題だとは思うけれど、

しっかりと点検していなかったウィーワークも、管理体制が甘いと思う。

それもそのはず。

アダムニューマンCEOは、ダンスやパーティに精を出しているのだから、管理が甘くなっても可笑しくありません。

パッピィー
パッピィー

急激に拡大する会社に頭が追いつかなくて、ストレスだったとは思うけどね。。

ソフトバンクの救済でも、その他の救済でも議決権を握れず。

ソフトバンクの救済案だけの場合、

SBGは、WEの保有率29%→少なくとも80%以上の保有になりそうですが、

ニューマンCEOの持っている株は、1株あたり3倍の議決権を持っており、

今のところ、ニューマン元CEOは、議決権を手放してくれないみたいです(^▽^;)

パッピィー
パッピィー

80%も保有して、ゴキブリ経営されるのはたまらない。。

ピッフィー
ピッフィー

議決権さえあれば、十分に魅力的な買い物になり得ると思うんだけどなぁ。。

パッピィー
パッピィー

ニューマン氏が経営権を持つ以上、良い条件でのIPOは難しそう。。

まとめ

とはいえ、今の所、

60億円の高額プライベートジェットの売却など、改善が進んでいるので、

議決権がなくても、話し合いながら経営方針に折り合いをつけていける可能性がありますし、

孫正義
孫正義

次のアリババはウィーワーク!

と言っていたほどの企業が8700億円評価で買えるのなら、将来大儲けできるかもしれません。

ピッフィー
ピッフィー

ウィーワークは、宝くじを買ったつもりで保有するのが良いかもです!

ちゃおっ♪

୨୧ピッフィーの株式投資Diary୨୧

コメント

  1. 金木犀 より:

    財務省に目をつけられましたよ!
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO51195880Z11C19A0MM8000?s=4

  2. AI群戦略 より:

    We Workは正直他のSVF投資先に比べて元々ビジョンが見えずらい部分がありました。
    例えば10年前後でほぼ確実に訪れる自動運転時代を見据えたGrab、DiDi、Uber、フルトラックアライアンス、Ora。
    データとしてのシグナルが強い購買、PaymentのプラットフォマーになりうるPaytm、トコペディア、クーパン、Grab(GrabPay)
    そして同じ不動産分野でもAIを使ったダイナミックプライシングを全面にだしホテル王になりうるOyo

    We Workは直近では活かすも殺すも正直頭が痛いですが、SBGが議決権を取り立て直し、Oyoを始めとしたSVF企業群とのシナジーにより化ける可能性が十分にありそうです。

いつもコメント、ありがとうございます☆

頂いた貴重なコメントは、一言一句読ませて頂きます。

コメントする際のお願い(⁎ᵕᴗᵕ⁎)

<NGコメント>

・誹謗中傷、礼を欠いたもの

・匿名 etc.

タイトルとURLをコピーしました