【JD京東】中国のアマゾン、JD.com株は夢のテンバガー候補☆

京東JD.com株(JD)

私のPFの5%がJD(京東ジンドン)で、中国のアマゾンと呼ばれています。

直販サイト中国1位、IT企業売上Amazon,Googleに次ぐ3位です。

まずは、百聞は一見に如かず」。動画↓を観てみましょう。

私は、2:00~の所で感動して投資を決めました(笑)

京東世界初全工程自動化倉庫最新動画(京东全球首个全流程无人仓)

これが時価総額80兆円のアマゾンなら、投資せず「凄いな!」で終わってました。

でもJDは時価総額がアマゾンの5%ですよ!?

時価総額4兆円(2019/4)企業のレベルじゃないですよね。コレ。

タイムマシンで10数年前に戻り、

「時価総額が4兆円の頃のアマゾンに、後出しジャンケンで投資出来る大チャンス!!!」

と思って投資をした訳です。

JD.com株には、魅力的な事業がたくさんある

  • ・上記動画の後に自動運転での無人配送
  • ・自動で山林部までドローン配送(中国は広いのに遅くとも翌日に届く)。
  • 無人コンビニ「セブンフレッシュ」(日本のセブン・イレブンから幹部5人引き抜き笑)
  • 無人レストラン

などなど何でも世界一レベルで自動化

この技術を先進国に売れば(楽天との提携のように)、爆益を得られるのではないでしょうか☆

資産運用先として良い条件が整っている。

  • ・売上が毎年25%以上成長。(約3年で規模が倍になるスピード)
  • ・最大のライバル、アリババCEOのジャック・マー会長は引退。アマゾンは撤退。
  • 騰訊(テンセント)、Googleウォルマート楽天など豪華メンバーと提携。
  • ・初期のアマゾンと同じく、売上利益を全て技術投資に回す為、物凄く税金が少ない

他にもJDクラウド、無人植物工場(with三菱ケミカル)、人工知能開発、ブロックチェーン活用(with アイビーエム)、東南アジア進出、ホテル事業など、面白い事業が盛り沢山。

まとめ

JDがアマゾンやアリババ並みに評価されたら夢のテンバガーです(*^◯^*)

JDはADR(米国に上場している株)として米国株と同じように買えるよ∗*゚

↓この新しい動画も面白いので是非(*^▽^*)

JD.com: Everything You Need to Know About China's Largest Retailer

コメント

タイトルとURLをコピーしました