中国株の上場規制について②含み益に課税されたらヤバイけど、まずその心配はない。

アリババ株(BABA)

昨日の続きです!

正直、このような形で上場廃止になった事例を知らなくて、

何とも言えないですけどね(^▽^;)

逆に、詳しい人いらっしゃたら、

ピッフィー
ピッフィー

「ここ間違ってるよ」とか教えて下さい!

保有株の益に課税されるとヤバイ

上場廃止で、既存の事業には傷が入らなくても、

もし、今上場しているBABA株が強制的に売却されて、

含み益に課税されたら、

SBGにとっては2兆円以上を支払う必要

が出てきて、大問題になります(^▽^;)

とはいっても、そもそも上場廃止で課税されないでしょう☆

上場廃止になっても一応売買できるし、上場を待てば良い。

例えば、ある企業を100%保有して上場廃止になっても、課税されないですし、

単に、一時的に、保有株の売買が難しくなるだけになると思います。

上場廃止が決定後、香港や別の場所に上場したら、再びBABA株を自由に売買できるでしょう。

また、難しいとはいっても、一応売買は出来るのではないでしょうか?

例えば、 BABA上場前には、米ヤフーが未上場BABA株の40%を保有していましたが、

2012年頃にBABAの20%を8000億円くらいでBABAに売却しています。

上場していない株でも、売買できるのです。

BABAは、現在のBABAの株価が価値に対して極めて安いと判断しているので、

BABA株を売りたい人へは、自社株買いに応じてくれる可能性が高いのではないでしょうか?

トランプにとって実行しにくい政策

色々書きましたが、

むやみに個人資産/法人資産に負担を与えるような政策は非難されるので、

トランプにとって、中国を脅す戦略に使えても、選挙前にやりにくい政策ではないかなとも思います(^▽^;)

まとめ

アリババの含み益に課税されると、ワンタイムの20%とはいえ、結構な負担になりますが、

ピッフィー
ピッフィー

間違いなく、そういうことは起こらないでしょう☆

ちゃおっ♪

୨୧ピッフィーの株式投資Diary୨୧

コメント

タイトルとURLをコピーしました