フォーティブ株(FTV)はダナハー株からスピンオフした、株価が年率20%成長の超優良企業

ダナハー・フォーティブ株(DHR・FTV)

フォーティブはダナハーから独立(スピンオフ)した会社

フォーティブ(FTV)は元々ダナハー(DHR)の工業機械系部門で、ダナハーの約25%を占めていましたが、

2016年に、ダナハーから独立(スピンオフ)しました。

2015年春にスピンオフ予定とのニュースが流れただけで、当時株価が5%以上上昇。

その後も様々な事業を買収し、今のところ、ダナハー同様、年率20%で株価を成長させてきています。

※もちろん、将来も続くとは保証されていません。

フォーティブ、J&Jの滅菌関連製品部門を買収へ-2970億円

フォーティブもダナハー同様、優良な投資信託のような会社

元は同じ会社ということもあり、ダナハーと基本構造は同じです。

個別銘柄でありながら、実質的には投資信託のようになっています。

また、ダナハー創業者の資産がダナハー株とフォーティブ株で96%を占めているので、安心感があります。

フォーティブ傘下の事業内容

フォーティブ自体も2つの部門に分かれており、景気に左右されにくい事業を買収&保有しています。

ダナハーとフォーティブの違い

ダナハーには化学・健康機器分野を残し、

フォーティブはダナハーの工業機械分野を集めてダナハーからスピンオフ(独立)しました。

DanaherのカイゼンはDBS(Danaher Business System)と言うのに対し、FortiveのカイゼンはFBSと言うそうです。

フォーティブCEO ジェームズ・リコ(James A. Lico)

2019年現在52歳です。

ダナハーのCEOと同様、誠実さと優秀さが顔に滲み出ています。

フォーティブがスピンオフする前、2005~2016年までは、ダナハーの副CEOを務めていました。30代後半でそんな重責を担っていたのは凄いですね。

また、バークシャーに比べて経営者が若いというのは、今後20年を考えると好材料だと思います。

まとめ

ピッフィー
ピッフィー

元々は、ピッフィーPFの25%がDHRでしたが、スピンオフにより、DHR19%/FTV6%になりました。

ペコリ☆

୨୧ピッフィーのバフェット研究୨୧

参照: フォーティブアニュアルレポート2018

コメント

タイトルとURLをコピーしました