【資産の90%以上は株式が理想】ポートフォリオの何%を株にするべきか

投資の基礎・基本一覧❀

バフェット:「90%をSP500、10%を米国短期債に。」

初心者が安心して投資を始められるように、カテゴリー>「投資の基礎・基本一覧❀」投資の基本一覧を載せてます。

あなたのお金の何%を株式にするべきでしょうか?

私のオススメは

今後数カ月の生活に必要なお金を残して

「株式90~100%」です。

そして、既に資産を持っておられる方の理想の投資タイミングは

「今全額」です。

適切な値段で株式を買う限り、年利約10%の大きなリターンが得られます。

故に、今お金を持っておられる方が

・買うタイミングを待つ
・ドルコスト法(少しずつ買っていく)

というやり方は心理的なメリットこそあれ、個人的にはオススメしません。

投資の達人たちの株式の比率

バフェット:「90%をSP500、10%を米国短期債に。」

と言いつつ、88歳の本人は資産のほぼ100%をバークシャー株にしています。

どちらにしても現金は10%以下が良さげですね。

ピーターリンチ:「5銘柄以下の株式のみで持つのが最も効率的。」

あのマゼランファンドで有名なピーターリンチさんも100%株が良いそうです。


ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け

グレアム:「資産の25~75%を株式にするべき。」

バフェットの師匠であるグレアムは、著書『賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法』の中で「株式の割合は、株価が高い時には25%に近づけ、安い時には75%に近づけるのが良い。」と語っていました。

株式の比率が低い理由は、グレアムの時代、債券のリターンが概ね5~10%と高かったからです。

今の債券は年利3%ほどですので、もしグレアムが今買うなら90%以上株式にしていることでしょう。

お金持ちから見る、理想の株式の割合

「世界のお金持ちランキング」や「日本のお金持ちランキング」の保有資産を調べてみると、

大抵PFの90%以上が株(それも自社株1銘柄ということが多い)です。

有名ブロガーのバフェット太郎さん、かぶ1000さん、IBMの東条さんも皆そのような割合です。

まとめ

理想の投資タイミングは「今」。資産の少なくとも9割を株式に。

初心者が安心して投資を始められるように、カテゴリー>「投資の基礎・基本一覧❀」投資の基本一覧を載せてます。

ここから先は、まずはこの基本を押さえて、投資の世界を楽しんでいって下さいね!!

ペコリ☆

୨୧ピッフィーのバフェット研究୨୧

コメント

タイトルとURLをコピーしました